bon.は、オショカジをコンセプトに新しい作務衣や袱紗(ふくさ)、頭陀袋(ずだぶくろ)、数珠入れ、などを提案するカジュアル和ブランドです。

作務衣・頭陀袋・和小物通販 -オショカジ- bon.

bon.ココロプロジェクト

bon.kokoroproject

「bon.ココロプロジェクト」とは

bon.は、和尚様や日本の職人さんをはじめ、本当に多くの方々に支えていただいています。
そのみなさまのあたたかい支援の「心」と、わたしたちもなにかお役に立ちたいという「心」。
その多くの「心」をカタチにしていきたい、そんな想いから「bon.ココロプロジェクト」は生まれました。
わたしたちはこの心への「感謝」をずっと大切に、さまざまな支援や活動を続けていきます。

活動一覧

2014年7月~9月/【NPO法人 円ブリオ基金センター】

お世話になっているお客様とのご縁で「お腹の赤ちゃんと妊婦さんを支援するNPO法人円ブリオ基金センター」さんとチャリティ協同企画を行いました。
http://embryokikin.com/

NPO法人 円ブリオ基金センター
  

bon. kokoro projectとNPO法人 円ブリオ基金センターさんとの協同チャリティ企画
「NPO法人 円ブリオ基金センター」さんとのチャリティーを企画させていただきます。
皆様との「ご縁」にちなんで「bon. Facebookページ」の「いいね!」の数だけ「5円」をbon.から「NPO法人 円ブリオ基金センター」さんへ寄付させていただきます。
【bon. Facebookページ】https://www.facebook.com/oshou.casual

※2014年9月30日(火)までの「いいね!」数×5円をbon.より寄付いたします。
※「いいね!」数とは「ユーザー数」を指します。(2014年8月18日現在、407件)
 各記事に対する「いいね!」ではございませんのでご注意ください。

2014年10月3日 寄付のご報告
NPO法人 円ブリオ基金センターへ寄付のご報告
2014年9月30日までの「いいね!」数が431件でしたので、合計2155円を「NPO法人 円ブリオ基金センター」さんへ2014年10月2日に寄付させていただきました。ご協力ありがとうございました。

  • 「円ブリオ基金」とは

    円ブリオ基金は、ノーベル平和賞受賞者のマザー・テレサの再来日(1982年)を契機として1984年に設立された「生命尊重センター」が母体となって始まりました。円ブリオとは、8週までの胎児の学術名を「embryo」と言うことに因んだ名称です。1993年からは、国民の皆様からのひと口1円を集め、それを原資として「円ブリオ基金」を設立し、困窮する妊産婦への出産費用の援助を行ってきました。

    2003年3月には「NPO法人円ブリオ基金センター」となり、妊娠にひとり悩む妊産婦への物心両面の支えとなるよう電話相談を開始。「ひと口一円拠金活動」と、様々な困難を乗り越えて産もうとする妊産婦への「給付支援」事業・「無料匿名電話相談」事業は、胎児救済を目的とした社会貢献です。 http://embryokikin.com/

    「円ブリオ基金」とは

2014年2月/【InterFaith日本プログラム】

宗教や文化が違う者同士が、様々な交流を通してお互いの理解を深めていくイベント
「InterFaith日本プログラム」のチャリティーバザーに出店させていただきました。
http://interfaith-japan.com/2014/

InterFaith日本プログラムチャリティーバザー

2014年2月14日~16日に京都で開催された「InterFaith日本プログラム」。 2日目(2月15日)に行われた「ピーピース」(特別交流イベント)内のチャリティーバザーに 出店させていただきました。売り上げ金は東日本大震災復興支援に寄付されています。           

  • 「InterFaith日本プログラム」とは

    ルクセンブルクで開催されている「InterFaith」では「ルクセンブルグ ING ナイトマラソン」、 様々な宗教者が「平和」という同じ願いをそれぞれの儀式に則り祈りを捧げる時間、 ホストファミリーへのホームステイ、各国の文化を紹介するワークショップ等の 「InterFaithウィークエンドプログラム」を実施しています。
    このイベントが2014年に日本でも初開催となり、宗教や文化が違う者同士が、様々な交流を通してお互いの理解を深めていけるよう、異なる宗教者(例:仏教・神道・キリスト教・イスラム教等)で4人1チームをつくり、 世界平和を願うタスキをつなぎながらゴールを目指す「InterFaith駅伝」のほか、関連イベントを行っています。 これら全てを含めて「InterFaith日本プログラム」と総称します。
    InterFaithが掲げる「Marathon for a United World(一つの世界を目指すマラソン)」の テーマのもと、国内外の諸宗教者の交流を通じて、誰もが分かり合える世界を目指し、 東日本大震災復興支援をはじめ、世界平和の進展に寄与することを目的としています。
    http://interfaith-japan.com/2014/

    InterFaith日本プログラム 2014

2013年4月/【三陸に仕事を!プロジェクト】

bon.を通じてご縁をいただいた方にご紹介いただき、「三陸に仕事を!プロジェクト」に
協力させていただきました。
http://www.sanriku-shigoto-project.com/

三陸に仕事を!プロジェクト

bon.商品売上金の一部で「三陸に仕事を!プロジェクト」さんの「浜のミサンガ 環(たまき)」を購入させていただきました。このミサンガを、「格子柄頭陀袋」をご購入いただいたお客様へプレゼントする企画を行いました。(在庫がなくなりましたので終了しました。)
少しでも多くの方々に「三陸に仕事を!プロジェクト」さんとのご縁がつながるお手伝いができれば幸いです。

  • 浜のミサンガ「環(たまき)」とは

    「被災地の方々に少しでも多く、手仕事での収入を届けたい」との想いで始まった「三陸に仕事を!プロジェクト」。そこから生まれた商品が「浜のミサンガ 環(たまき)」です。ミサンガの販売代金のうち、諸経費を引いた金額が制作された方々の賃金となっています。 http://www.sanriku-shigoto-project.com/

    浜のミサンガ「環(たまき)」とは
  • 色々な想いが込められた「格子柄頭陀袋」

    「格子柄頭陀袋」は、先の震災で被災された和尚様と共同で開発した頭陀袋です。このご縁を何かのカタチにしたいと思い、2013年3月22日より売上金の一部で「三陸に仕事を!プロジェクト」さんの「浜のミサンガ 環(たまき)」を購入させていただきました。

    色々な想いが込められた「格子柄頭陀袋」

2012年/5【佛通寺 @TEMPLE LIVE ART FES 2012】

広島県三原市 大本山 佛通寺にて、ライブイベントの協力をさせていただきました。

佛通寺 @TEMPLE LIVE ART FES 2012

2011年 3月/【京都「妙心寺」にて頭陀袋50個をチャリティー用に寄付】

bon.を通じてご縁をいただいた和尚様にご紹介いただき、京都「妙心寺」に頭陀袋50個を
3.11震災チャリティーセール用に寄付させていただきました。

京都「妙心寺」にて頭陀袋50個をチャリティー用に寄付

bon.の「作務衣」・「頭陀袋」・「和小物」などの商品一覧ページはコチラ

ギフト・菲品
ボントーク
店舗情報

Web対応可能日カレンダー(ご注文商品の配送・お問い合わせ回答)
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ