bon.は、オショカジをコンセプトに新しい作務衣や袱紗(ふくさ)、頭陀袋(ずだぶくろ)、数珠入れ、などを提案するカジュアル和ブランドです。

作務衣の着方

      2016/05/31

bon.の作務衣 / イメージ画像

作務衣の選び方のポイント

作務衣は着る人が増えてきており、その着方や着こなし方もそれぞれです。

甚平は半袖に短いズボンなのに対し、作務衣は長めに作られてます。また、生地も夏用の薄いものや冬用の厚いもの、キルティングや綿入りのものまであり、どの季節も着られます。履き物も自由で、雪駄や下駄も合いますし、普段履いている靴でも構いません。

このように自由度が高く動きやすいので、作業をする時や動き回らなければならない時などに重宝します。初めて着るという人は、長く着ることができ、扱いも簡単で着心地の良い綿のものから始めてみることをお勧めします。使用目的を考え、色や柄などの好みと身体に合った、自分らしい一着を見つけましょう。

作務衣の着方と着こなし

まずは、ズボンと肌着を着用しましょう。専用のシャツなどもありますが、普通のTシャツでも構いません。肌着を着ないで直接作務衣を着てもいいのですが、汗をかいた時のことも考え、肌着は着用することをお勧めします。

作務衣の上着には4本の紐があります。最初は左の内側にある紐と右の紐を結びます。次に、残った紐を結びます。洋服の場合は男性が右前、女性が左前になりますが、和服はこのように右が前になる着方になりますので、覚えておくと良いでしょう。

寒い季節には長袖シャツやタートルネックを重ねて着ても、お洒落です。

紐を結んだだけで着用できるので簡単ですが、紐はあまりきつくせず、ゆったりと着るのが良いでしょう。

和尚さまと創る ”オショカジ ”カジュアルブランド「bon.」
→ 「 作務衣 」商品一覧ページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
bon.ショップサイト
作務衣の通販ページ
http://www.bon-web.jp/SHOP/129892/list.html
◆ 日本のワークウェア “オショカジ” < bon. >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 作務衣(さむえ) ,