bon.は、オショカジをコンセプトに新しい作務衣や袱紗(ふくさ)、頭陀袋(ずだぶくろ)、数珠入れ、などを提案するカジュアル和ブランドです。

作務衣とカジュアルの関係

   

bon.の作務衣 / イメージ画像

作務衣はお坊さんの作業着だった

作務衣と言えば、黒っぽい着物風の上着とやわらかそうなズボンの上下セットの衣服です。ちょっとパジャマを思わせる雰囲気もありますが、そもそもは禅宗のお坊さんが日々の雑事(作務)、たとえば掃除、マキ割り、畑仕事などをするときの作業着でした。

ひらひらして邪魔な着物の袖を押し込めるよう、幅広の袖が付いた上っ張りと、足首のところを絞って動きやすいモンペの組み合わせでした。たぶん最初は機能が大事で布地をそろえた上下セット、というわけでもなかったでしょう。でもある時からお坊さんの位によって色が変えられるとか制服のような作業着になりました。

それにしてもこんな作務衣が登場したのは、実はそんなに古い時代ではなく、少なくとも明治より後、一説には昭和40年代にあの永平寺で始まったとも言われています。

若い人も年配の方も作務衣が大好き

作務衣は体を締め付けず動きやすいので、お坊さんとは関係なく今では一般の人々に重宝がられています。

最初の頃は家の中やせいぜい庭仕事ぐらいのホームウェアとして広がっていきました。色も黒っぽく、やっぱりお坊さんぽかったといえます。

ところが最近は目を見張るようななカラフルなものも作られています。デザインもすっきり細身のものもあって上下がそろうととてもスマート。いまやカジュアルウエアに進出しているのです。子供用も忍者の服みたいで可愛さがひきたちます。家族やカップルで色調をあわせてカジュアルウエアとして着用したら楽しいですね。上下を取り替えて、例えば一人は黄色の上着と茶色チェックのズボン、もう一人は茶色チェックの上着と黄色のズボンにするとか面白いですね。

和尚さまと創る ”オショカジ ”カジュアルブランド「bon.」
→ 「 作務衣 」商品一覧ページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
bon.ショップサイト
作務衣の通販ページ
http://www.bon-web.jp/SHOP/129892/list.html
◆ 日本のワークウェア “オショカジ” < bon. >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 作務衣(さむえ)