bon.は、オショカジをコンセプトに新しい作務衣や袱紗(ふくさ)、頭陀袋(ずだぶくろ)、数珠入れ、などを提案するカジュアル和ブランドです。

作務衣用の帽子

   

bon.の作務衣 / イメージ画像

作務衣とも案外合う洋装用服飾品

作務衣姿には、意外と洋装用の帽子との組み合わせが似合うものです。

そもそも明治〜大正時代には現代人がワイシャツやブラウスの上にスーツなどのジャケットを着るのと同じような感覚でシャツの上に着物を着たりするスタイルが必ずしも“奇抜なファッション”とされていたわけではなくカジュアルとしては割と“普通の”服装でした(この時代に描かれた浮世絵などではむしろ“粋でモダンな”スタイルとして描かれることもしばしばでした)し、和装に洋装用の服飾品を合わせるコーディネートは古い写真を見ると昭和初期くらいまでは非常に一般的でした。

現在でも、比較的若年の着物ファンの間でこうしたスタイルが現代的解釈もされてリバイバルしています。こうした和装文化を考えると、作務衣と帽子が合うのは納得できるものです。

どんな帽子が作務衣に合うか

どのような帽子が作務衣姿により似合うかということですが、やはり作務衣はそもそも作業着であったので、昭和のホワイトカラーのサラリーマンがスーツ姿に合わせて被ったような中折れ帽は余り似合いません(但し夏用の明るい色合いのものなら比較的似合います)。

野球帽(キャップ)や、バンダナキャップが大変似合います。ハンチングも似合います。また実際の肉体労働用としてなら、タオルや手ぬぐいを被るのも絵になるものです。

女性向けカジュアルとしてのコーディネートなら、ベレー帽や女性が被っても違和感のない色・柄の野球帽やハンチング、比較的若い女性の夏場向けには頭頂部の平らな麦わら帽(カンカン帽)が似合います。

和尚さまと創る ”オショカジ ”カジュアルブランド「bon.」
→ 「 作務衣 」商品一覧ページへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
bon.ショップサイト
作務衣の通販ページ
http://www.bon-web.jp/SHOP/129892/list.html
◆ 日本のワークウェア “オショカジ” < bon. >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 作務衣(さむえ) ,