bon.は、オショカジをコンセプトに新しい作務衣や袱紗(ふくさ)、頭陀袋(ずだぶくろ)、数珠入れ、などを提案するカジュアル和ブランドです。

デニム(作務衣)にまつわるお話【前編】

      2017/04/20

デニム作務衣のオンスって何?

いつもbon.ブログをご覧いただきありがとうございます!

bon.スタッフの内藤伸弥です。

今回はbon.の作務衣で使われているデニムについてのお話です。


当店の定番商品でもある「デニム作務衣

適度にカジュアルで人気も高いこちらの商品には

「8oz(オンスと読みます)」のデニム生地を

使用しています。

ところで、この“オンス”とは

一体どういう意味なんでしょうか?

 

よくジーパンなどでは「ライトオンス」は薄手で柔らかいとか、

ジーンズが自立するほどゴツい「ヘビーオンス」のデニムなど、

“生地の厚さ”的な意味合いで使用されていますが、

これだと若干意味合いが異なります。

 

そもそもオンスとはヤード・ポンド法の質量の単位で

日本でいうキログラム(kg)のようなもの。

 

そして、デニムでは1平方ヤードあたりの生地の“重さ”を表す時に使用されます。

つまり厚みではなく、生地の重量についての単位なのです。

1オンスというのは1平方ヤードで約28.35グラムという事になります。

(ちなみに1平方ヤードは約0.84平方メートルの事です。)

 

なので、同じ厚みでも

糸の密度が高いと重くなり、密度が低いと軽くなります。

 

作務衣の8オンスって軽いの?重いの?

男性用のジーンズなどに使用されるデニム生地で一般的とされるのが

14オンスと呼ばれる重さ。

1平方ヤードで約370gなので、一本のジーンズで重さが約7~900gあります。

 

結構な重さですね(^^;

 

そして。14オンスを超えるデニムがヘビーオンス

10オンスを下回るものがライトオンスと呼ばれているようです。

作務衣は作業をする際に使用しますが、

さすがに和尚さまが炭鉱で金を掘るときほど強靭な素材も必要ありませんし、

むしろ肩こりなど弊害が起こってしまうかもしれません。

 

そのためbon.のデニム作務衣では

日常の作務で着ても負担が少なく、かつ強度もあってオシャレ

そういった意味で、8オンスのデニム生地を採用しています。

(後編に続きます)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
bon.ショップサイト
作務衣の通販ページ
http://www.bon-web.jp/SHOP/129892/list.html
◆ 日本のワークウェア “オショカジ” < bon. >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 作務衣(さむえ) , , , ,