bon.は、オショカジをコンセプトに新しい作務衣や袱紗(ふくさ)、頭陀袋(ずだぶくろ)、数珠入れ、などを提案するカジュアル和ブランドです。

作務衣

作務衣

bon.の「作務衣(さむえ)」は、伝統的な作務衣の着心地や風合いを大切に守りながら、それでいて現代風のカジュアルさを加えた創作作務衣です。

bon.の作務衣は、古くから備後絣を代表とする繊維業で栄えた広島県福山市のある「備後地区」や島根県松江市のクリエイターと和尚様との「ものづくり」から生み出されました。

企画・設計から和尚様と職人が参加し、アイデアを出し合って創ったbon.の作務衣は、デザイン性だけでなくその機能性も評価され、今ではご寺院様以外にも、若者の外出着や、旅館・ホテルの制服として採用されるなど拡がりをみせています。

そしてなにより和尚様からは『オショカジを身に着けることで、一般の方と言葉を交わすキッカケが生まれた。』と喜ばれています。

bon.の作務衣はこれからも伝統の守るべきところは守りながら、和尚様とともに進化し続けて行きます。

表示切替: 並び順:
8件中1件~8件を表示
8件中1件~8件を表示

ギフト・菲品
ボントーク
店舗情報

Web対応可能日カレンダー(ご注文商品の配送・お問い合わせ回答)
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ